ヨコハマRひろばブログ

横浜らしく、かっこよく、「もったいない」を楽しむために
身の周りにある、ちょっとしたリデュースにつながることを
探して、見つけて、実践して、報告していきます。
「ヨコハマRひろばって何?」って方は、こちらへどうぞ!

ブログトップ > 最新5件

見ました!映画「いただきます みそをつくる こどもたち」

[ぶろ]  2017年11月22日 17時57分

こんにちは!ぶろです。
映画「いただきます みそをつくる こどもたち」を見てきました。

 

 

 

食品ロスについて、食の大切さや食育などの観点から考えてみよう、ということで行われたこの上映会。
なんと監督も参加したトークセッションも!
貴重なお話が聞けました。
 

 

映画の感想は、素直に「何を食べるのか、どう食べるのか」は、こんなに大切なことなんだ、と思いました。

映画の舞台は福岡市の保育園。
「知育、体育、徳育の根本に食の教育がある」という園長の信念のもと、
玄米と子どもたちが自ら作る味噌を中心とした食育が実践されています。

味噌を園児たちが仕込み、それを受け継いでいく。(仕込む量はなんと毎月100kg!)
献立をみんなで声に出してから食べる。
最初の一口は100回噛む。
「栄養があって、おいしいものを、自ら作って食べる」その大切さが、子どもたちの表情で実感できます。

こんなにも食べ物が子どもを成長させるのかと本当に驚きました。
この保育園では、食べ残しはほとんどないそうです。

食品ロス削減、ということで、この映画上映会に行きましたが、
それ以上に、たくさんのことを感じました。


12月には「いただきます」劇場版が、横浜市の映画館でも上映されるとのこと。
楽しみですね。

ヨコハマ3R夢!ポスターコンクール

[3R]  2017年11月10日 08時28分

こんにちは!
昼は暖かいですが、朝晩は寒いですね。

さて、横浜市では、市内の小中学生を対象に"ヨコハマ3R夢!ポスターコンクール"を開催しています。

昨年の小学校高学年の大賞がこちら
 

平成28年度ヨコハマ3R夢!ポスターコンクール 小学校高学年大賞作品

保土ケ谷小学校 赤木さん(当時6年生)の作品

 

なんとも言えない力強さがあって、好きな作品です。

私は絵に詳しいわけではありませんが、上からの見た横浜を描こうという発想と、シンプルな色使いながら力強く書かれたメッセージ部分が目を引いて、すごいなぁと思います。

明後日には、今年度の大賞者が表彰され、近日中にはホームページアップされる予定です。
今年度はどんな作品があるのか、楽しみですね。

http://www.city.yokohama.lg.jp/shigen/sub-shimin/study-event/nyuusyousakuhin-kougakunen.html

参加者募集!映画「いただきます ~みそをつくるこどもたち」上映会【11月21日(火)】

[3R]  2017年11月06日 13時29分

こんにちは!
先週からめっきり寒くなりましたね。
まだ慣れていないせいか、朝晩の寒さは堪えます。

さて、横浜市では食品ロス削減を重点テーマに、様々な取り組みをしています。
その一つとして、食べ物の大切さを今一度考え、食品ロスを身近に感じていただけるように、
11月21日に映画「いただきます~みそをつくるこどもたち」上映会&トークセッションを開催します。
映画上映後には、V I N  O O T A ( オオタヴィン) 監督と椿直樹さん( 「濱の料理人」代表「大ど根性ホルモン」オーナーシェフ) によるトークセッションも開催。

毎日食べる玄米は子どもたちが研ぎ、200人分のみそ汁のみそを作る子どもたち。
その量はなんと毎月100kg
にもなります。
みそを作り、おにぎりを握る子どもたちと、古きよき日本の食卓を学ぶ姿に浮かび上がる
“和食と日本人の深い関係”。

監督も参加するこの機会に、ぜひご覧ください。

申込み・詳細は、横浜市資源循環局HPから
http://www.city.yokohama.lg.jp/shigen/sub-shimin/foodloss/food-loss-topic.html

【公式ホームページより抜粋】
医食同源・和食給食に込められた「いただきます」の本当の意味。
命輝く子どもたちから元氣をもらうピュア・ドキュメンタリー
福岡県にある高取保育園で取り組んでいる“みそづくり”や
和食の給食取り入れた子育てを一年間追いました。
そこからみえてきたのは、和食と日本人の深い関係、
「家庭の和食・食養生」に秘められた、先人の知恵が浮かびあがってきます。

食べました!昆虫食(映画「0円キッチン」にも登場)【注意:写真あり】

[ぶろ]  2017年10月27日 17時00分

こんにちは!ぶろです。
映画「0円キッチン」を見てきました、
というお話はちょっと前にしましたが、その映画の中で出てきた昆虫食。

 

 

 

★ブログ 見ました!映画「0円キッチン」http://www.r-hiroba.jp/blog/index.php?no=394

 

 

今日はリデュースとは少しずれますが、映画「0円キッチン」に絡めて、その昆虫食のお話を。。。
数年前ですが、私、食べたことがあります。
写真も掲載しますので、苦手な方はご注意ください。

映画の中では、食料危機を救う可能性があるものとして、昆虫食を広めている方のお話がありました。
イナゴにミルワーム、コオロギ、、、子どもたちが「昆虫入りのほうがおいしい」と言いながら食べていたり、食べられない子もいたり、といったシーンでしたが、

私の感想は、「けっこう、おいしいっ」です。
ミルワームは映画の中でも「ナッツみたい」と言っていましたが、まさにナッツの味。
私が食べたのは、プリンにミルワームが入ったもの
写真を載せますよ、苦手な方はご注意を。

・・・・

 

・・・・

 

・・・・

ミルワーム入りのプリン

小さめに載せてみました。


私は食料廃棄や、飢餓の勉強のために食べたわけではなく、
たまたま、横浜にこういった食べ物をだすお店があると聞いて、行ったのですが、
勇気をもって??食べてしまえばどれもこれも、予想を裏切っておいしかったです。

ちなみにそのお店は、昆虫食の専門店ではありません。
ワニやカエル、昆虫などなど日本では少し珍しい食材を扱うお店です。
余談ですが、オオグソクムシも食べましたよ。
こちらも写真を小さめに。。(苦手な方は注意を)

 

・・・・

・・・・

 

オオグソクムシ


 

ということで、リデュースとは話が少しずれましたが、
映画「0円キッチン」をご覧いただいて、食品ロスについて少し考えていただければうれしいです。

横浜市では食品ロス削減シンポジウムの関連イベントを実施しています。
詳細はまだの様ですが、映画「いただきます みそをつくる こどもたち」上映会&トークセッションもあるようなので確認を!
http://www.city.yokohama.lg.jp/shigen/sub-shimin/foodloss/food-loss-topic.html


【0円キッチン公式ホームページより抜粋】
「食料危機」を吹き飛ばすエンタメ・ロードムービー
世界で生産される食料の3分の1は食べられることなく廃棄されている。その重さは世界で毎年13億トン。「捨てられてしまう食材を救い出し、おいしい料理に変身させよう!」食材救出人のダーヴィドがヨーロッパ5カ国を巡る おいしく明るい”食”の旅路。

見ました!映画「0円キッチン」

[ぶろ]  2017年10月19日 17時21分

こんにちは!ぶろです。映画「0円キッチン」を見てきました。

 

10月16日の世界食料デーに合わせて実施された上映会。なんと監督も参加したトークセッションも!貴重なお話が聞けました。

映画は、監督のダービィドが捨てられてしまう食材を救い出し、おいしい料理に変身させながら、ヨーロッパ5か国を廻るというもの。

食料の廃棄が禁止されているまちのお話や、食料危機を救う可能性のある昆虫食のお話などが出てきて楽しめました。

 

次回作はなんと日本で撮影するそうですよ。タイトルは『MOTTAINAIキッチン』。

現在はロケハンをしていて、監督も「すごく面白いお話が聞けた」とおっしゃっていたので、次回作も楽しみですね!

 

横浜市では食品ロス削減シンポジウムの関連イベントを実施しています。「0円キッチン」上映会もその一つです。別の企画もあるようなので確認を!

http://www.city.yokohama.lg.jp/shigen/sub-shimin/foodloss/food-loss-topic.html

 

0円キッチン公式ホームページより抜粋】

「食糧危機」を吹き飛ばすエンタメ・ロードムービー 世界で生産される食料の3分の1は食べられることなく廃棄されている。

その重さは世界で毎年13億トン。「捨てられてしまう食材を救い出し、おいしい料理に変身させよう!」

食材救出人のダーヴィドがヨーロッパ5カ国を巡る おいしく明るい”食”の旅路。

 

 

 

最新  前の5件  1  2  3  4  5 ...  次の5件