ヨコハマRひろばブログ

横浜らしく、かっこよく、「もったいない」を楽しむために
身の周りにある、ちょっとしたリデュースにつながることを
探して、見つけて、実践して、報告していきます。
「ヨコハマRひろばって何?」って方は、こちらへどうぞ!

ブログトップ > [アーカイブ]2012年3月

みなとみらいとプリキュア

[どなどな]  2012年03月30日 09時50分

休日にみなとみらいに行きました。

日本丸を眺めながら、横浜みなと博物館に入ると
休日だからなのか、子どもの声がたくさん聞こえます。

すると、子ども達が何か展示のようなものに
たくさん群がっているのを見つけました。

まだ、入場料を支払っていないロビーなのに…です。

何かと思って近づいてみると…

コレでした。

プリキュアです!

今、横浜市では東映㈱さんとタイアップして

『映画プリキュアオールスターズ NewStage みらいのともだち』

との、コラボキャンペーンを行なっていたのです。

映画の舞台が、横浜になっているとのことで
この横浜みなと博物館以外にも、
このようなフォトスポットが、いくつもあるそうです

詳しくは、下のリンクからご覧くださいね。

★『映画プリキュアオールスターズ NewStage みらいのともだち』の特設ページ
 
★横浜市の映画プリキュアオールスターズ タイアップキャンペーンのページ


男の子も、女の子も、すごく喜んで写真を撮っています

女の子が主人公のアニメなので女の子向けかと思っていたのですが

男女問わず人気があるんですね~

さすがです。

このプリキュアシリーズの最初の作品は
2004年に放送されているそうなので
最初の作品を子どもの頃に見た方は
もう大人になっていてもおかしくないんですね。

お父さん…とかでもなさそうな大人の方も、写真を撮っていますもんね。

国民的アニメなんだな~と、そんな光景を見ながら思いました。


そんなことを考えながら子どもたちを眺めていると
子どもの一人が、マイタンブラーを持っているではありませんか!

今回の映画のデザインのマイタンブラーのようです。
どこかの映画館で購入したのでしょうか。

もちろん、小さいお子さんなので、環境のことを考えて…というよりも
プリキュアのデザインのタンブラーが欲しくて買ってもらったのだと思います。

それでも、こうした機会を通して

マイボトル的なものを日常的に使ってもらえるようになれば

 とても嬉しいな…と思わずにはいられませんでした。

子どもたちの人気者の力は絶大ですね!

 

天気予報

[ゲスト2]  2012年03月28日 16時16分
最近の天気予報って、一昔前と比べて、よくあたりますよね~。

まぁ、そうは言っても、にわか雨や急に天気が崩れることもあり、
完全に身を任せるわけにもいきません。

急に雨が降ると、持つところが白く、透明のビニール傘が、いろいろな店先に並びますよね。
500円くらいでしょうか?100円ショップで売っている場合もあります。


傘が無いときには、安くてとても便利なものですが、
すぐに天候が回復したときには、手に持っていることが邪魔くさくなって、

忘れてもいいやっ
「どこかに置いていっちゃえっ」
「傘立てに寄付して、共有の置き傘にしてやろう。やっさしぃ~、気がきくぅ~。」


とかって思うことはありませんか?


・・・・・・・・・・ダメでしょう。

「誰かに使ってもらえれば、リユースだよね? いいよね? いいよね?」

・・・・・・・・・・ダメでしょう。


私はカバンの中に折りたたみ傘を入れっぱなしにしております。
3段階でたためるタイプのもので、割と邪魔になりません。少々の雨なら問題なし。
天気予報を信じて傘を持っていく場合は、長い傘を持っていきます。
最近の予報はだいたい当たりますから、役にたちますよ。


天気予報をみるってことは、リデュース行動なんですね~。

環境学習講座

[どなどな]  2012年03月26日 10時57分

東京都市大学のISO学生委員会の皆さんが
横浜市立中川中学校の皆さんに対して行った
環境学習講座を見に行ってきました~。

ISO学生委員会の皆さんは学内外での環境活動を通じて
環境意識向上に努める方々です。


その中でG30や「ヨコハマ3R夢!」などの
ごみのリデュース活動にも色々と協力をしているそうです。

さて、講座の開始時間になって
東京都市大学横浜キャンパスの教室に入ってきた
中川中学生の皆さんは、あまり馴染みのない
大学の階段状の大教室にちょっと落ち着かない様子。

そんな中、学生委員の皆さんの自己紹介から講座は開始されます。
非常にフレンドリーな自己紹介で、中学生から笑いもこぼれ
少し、中学生の皆さんの緊張も解けたようです。

そして、本格的な環境講座の開始。
正面のスクリーンにプロジェクターを使って
パソコンの画像を投影し、地球の環境汚染の現状を伝えていきます。

その内容もさることながら、さすが東京都市大学の皆さん。
デジタル機器の扱いが上手で、とても見やすく出来ています。

時折、中学生の皆さんに直接質問をして緊張感を保ちながら(笑)
環境問題における南北問題などにも触れて講座は終了しました。

休憩を挟んだ後は、講座の内容を覚えているのかのチェック
…も兼ねたレクリエーションのクイズ大会です!
中学生の皆さんをグループ分けした後
講座の内容をクイズにして選択方式で回答してもらいます。

各グループに1名ずつ学生委員のスタッフがつきましたが
その頃には、和気あいあいとした雰囲気。
やっぱり、グループ対抗というのが中学生の皆さんを活気づけています。
A3くらいの大きさの回答用紙には、回答だけではツマラナイ!と
イラストを書き添えるグループもありました。

そうそう、クイズの中には
「ヨコハマ3R夢!」が回答になるものもあった
んですよ!

中学生の皆さんは、突然の問題にもかかわらず
見事正解していました!

かなり浸透してきたんでしょうか?
だとしたら、とても嬉しい話なのですが…。

そんな感じで、東京都市大学ISO学生委員会による
環境学習講座は終了しました。

「ヨコハマ3R夢!」プランでは、ごみを減らすこともそうですが
二酸化炭素の排出量を削減するという目標も盛り込まれています
大きな意味での環境の視点は、絶対に今後も必要になってくると思います。

また、中学生の皆さんには、講座終了後に
「ヨコハマ3R夢!」のリーフレットを配布したのですが
大変、熱心に読んでくれていました。



今回の講座で勉強したことで
環境問題やごみ問題を今まで以上に積極的に
考えてくれるようになるのかな?

きっと、そうなるはずですよね!

 

シリコン生活

[ニコル]  2012年03月22日 08時21分
題名だけみると意味わかりませんよね・・・。


シリコン生活のシリコンとは、コレのこと


↓↓




弁当のおかずを入れるのに使うシリコンカップのことです。


昔はよくアルミのものを使っている家庭がありましたが、
最近はこのシリコンカップも増えてきているような気がします。


ちなみに、この日シリコンカップに入れたのは、かぼちゃの煮物etc


あんまり良い出来ではなかったので、今回の写真掲載は遠慮しときますね><。


みなさんも身近のところからリデュース始めてみませんか?

「ヨコハマ3R夢!」コマーシャルビデオ

[どなどな]  2012年03月19日 09時00分

ケーブルシティ横浜」さんと資源循環局西事務所で制作した

イーオミーオによる「ヨコハマ3R夢!」コマーシャルビデオ

放映されているって、皆さん御存知でしたか?



とっても可愛く、イーオとミーオが
「ヨコハマ3R夢!」とごみのリデュースについて
教えてくれるんですよ~。

気になる方は、上の動画を再生してみてくださいね!

実はこのCMは、もう第3弾なんです!

過去の映像については、西区のホームページ(下記アドレス)で
見ることが出来ますので、こちらも合わせてご覧くださいね!

http://www.city.yokohama.lg.jp/nishi/life/gomi/slim-cm-1.html
 

hitomiさんが、3R夢プランの広報大使に!

[どなどな]  2012年03月15日 10時04分
本日づけの新聞で、たくさん記事が掲載されていましたが

なんと歌手のhitomiさんが

3R夢プランの広報大使に就任されました!

それと同時に「ヨコハマ3R夢!」のテーマソングも発表されました。

歌っているのは、もちろんhitomiさん。

なんと作詞もしていただいた曲名は

「ノコサズタベ・スリムリル」です!

この楽曲の発表イベントも行われます!

詳しくはこちらから、どうぞ!
http://www.r-hiroba.jp/events/detail.php?id=663

昨日の記者会見については、こちらのニュース記事を
リンクからご覧くださいね!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120315-00000502-san-ent 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120315-00000003-kana-l14

牛丼

[どなどな]  2012年03月12日 16時58分

貧乏サラリーマンの強い味方が牛丼です。

私も、よくお世話になっております。

500円もあれば、食べた後に缶ジュースも買えるほど
リーズナブルなお値段で、お腹を満たしてくれるのです!

職場に近い牛丼屋さんは、それは大人気で
お昼時はひっきり無しにお客さんが訪れるのです。

 

…で、寒いんです

 

数分置きに自動ドアが開いて、この季節はそのたびに
冷気が勢い良く入り込んできます…。
 

牛丼弁当にして、職場に持ち帰って食べれば良かったかな…。


…と思ったりもしましたが、お弁当にしたら

不用な持ち帰り用の容器も一緒にもらうことになります。

ここは、リデュースのためにガマンガマン…。




…嘘です。



単に、お店で食べないとお味噌汁がつかないからです(汗)
 

でも結果的にリデュースにつながってる訳ですからね!

なんにせよ、寒い季節が通り抜けるまでガマンガマン…。

「西区 街の名人・達人まつり」

[どなどな]  2012年03月08日 09時00分

「西区 街の名人・達人まつり」というイベントに行って来ました!

さまざまな知識や技術・技能を持っている人たちが
生涯学習ボランティアとして「にしく市民活動支援センター」に
西区街の名人・達人」として登録しているそうです。

その「名人・達人」の皆様が、名人・達人芸のお披露目も含めて
行うイベントが、この「西区 街の名人・達人まつり」なのです。

イベントが行われた2月25日は、あいにくのお天気でしたが
会場である藤棚地区センター内は、熱気であふれていました!

入口付近では、やきそばなどの模擬店。
「西区街の名人・達人」の皆様の展示や講習会。
それから、フリーマーケットスペースもありました。

…しかし。

ヨコハマ3R夢に関するブースがあると聞いていたのですが
それが見つかりません。

それと、もう一つ、このイベントに来た理由。
ステージでは、太鼓…がやってる?
いや、太鼓は太鼓で楽しいですが…。
聞いていたのと違うような…。

…と思っていたら、奥に体育室があり
どうやら、そちらでブースとステージが別にある様子。

…ありました!



こちらの会場の一角では、西区の資源化推進担当の方が受け持つ
「ヨコハマ3R夢プラン」のPRブースが。

どうやら、3R夢プランに関するクイズをやっているようです。



賞品も、いろいろと用意されています。
3R夢プランについての説明を熱心に聞かれる方もいます。
実際にこういうところで現場を見ると
リデュースの考え方が少しずつでも広がっている…感じがします。

すると、ステージからは、今日の、もう一つの目的である
「ファッションショー」が始まるようなので
ステージの近くに移動します。

横浜デザイン学院の生徒さんによる「ファッションショー」です。

この「ファッションショー」では、古着をリメイクして作った服なども
あるとのことだったので、どんなものか…とやってきてみた。
…という訳なのです。

本物のファッションショーのような音楽が流れ始め…
(…といっても本物のショーに行ったことないですけど

生徒さんたちが、自らモデルとして服を来て登場!

横浜デザイン学院には、高等課程と専門課程があり
まずは、高等課程の皆さんからです。

照れながらも楽しそうにモデルウォークする皆さん。
残念だったのが、天候のせいもありステージがちょっと暗くて
あまり綺麗に写真が撮れなかったこと…。すみません。

普段着的なカジュアルなものからドレスまで
様々な洋服が次々と登場します。

高等課程の次は、専門課程の皆さん。
さすがに専門課程の皆さんは、さらにデザイン性の強い
スタイリッシュな洋服ばかり。

ジャポニズム的な要素もあったりして
着物のリメイクファッションもある感じです。
未来のデザイナーさんたちは、さすがに違います。



ちょっと気になって、帰ってから「着物のリメイク」で
調べてみたりしましたが、本当に近年は流行しているんですね。

うちにも、母親の着てない着物が、何着かあったような…。
祖母の代から受け継いでいるものもあって
大事な思い出として持っているものもあるかもしれませんが
思い切って、ドレスなどにリメイクしてみるのも
楽しいのかもしれませんね。やっぱり、着てこそ服ですからね!

そんなことを考えたりした「西区 街の名人・達人まつり」でした!

「いりません!」と言えない私

[nayuta]  2012年03月05日 09時12分
 私は、マイバッグ愛用派!
 
マイバッグなら、かなりの重さの荷物も
肩にかけて、らくらくと家まで持って帰れます。

 
が、最近肩を故障し(ピッチャーではないけれど)
肩に荷物をかけることができなくなってしまいました。(涙)
 
それでも、通勤かばんにはマイバッグをいれています。
レジで「レジ袋ご用意していいですか」と声をかけられ、
ここが悩みどころ。

痛みをこらえてマイバッグを使うか、
レジ袋をもらうか…。

おまけに、私の愛用しているマイバッグはちょっと大きめ。
腕にかけると重いし、手に持つと引きずるし…
悩んだ挙句、
「すいません、お願いします」と答えてしまう私。
 
それでも、使わなかったレジ袋は、その場でお店に返しています。
これもちょっとしたリデュース、
と自分を慰めながら…。
 
レジ袋を持っての帰り道、やはりマイバッグのほうが
持ちやすくていいなと思いながら、家へと急ぎます。

はやくマイバッグを持ちた~い!