ヨコハマRひろばブログ

横浜らしく、かっこよく、「もったいない」を楽しむために
身の周りにある、ちょっとしたリデュースにつながることを
探して、見つけて、実践して、報告していきます。
「ヨコハマRひろばって何?」って方は、こちらへどうぞ!

ブログトップ > [アーカイブ]2013年7月

お腹を壊した時に食べるものって困りますよね…。

[つのでゅー]  2013年07月30日 18時42分

みなさん、こんにちは。


暑い日が続いていますね。

冷たいものを飲み過ぎて、お腹を壊したりしていませんか?

お腹を壊したりすると、困ることがあるんですよね。

それは、職場での、お昼ごはんです。


おかゆ…とか、具だくさんで煮込んだスープとか、

お腹にやさしいごはんを、なかなか周辺のお店で見つけることが出来ません。

仕方なく、カップスープなどを買ってきて

飲んだりするのですが…。
 

そんな中、とっても良いものを見つけました!

フードポットです。

私が持っているフードポットは350mlのものですが、

説明書によると、

保温効力が6時間で57℃とのこと。

なので、ここに余ったご飯と、だし汁を入れておくと…

お昼には、おかゆになっています!

体調の悪い時には、このおかゆが染みわたります…。

そんな訳で、おかゆです。



朝の7時くらいに、あまりご飯と

すりおろし生姜を加えた鶏ガラスープ入れて

12時に蓋を開けた訳ですが、ちょうど良い温かさ…でした。

アツアツ…ではなかったですが、

食べやすい温かさになっていました。


さて、このフードポット、カップスープなどを利用しないことで

不用な容器ごみを出さないという点だけでも

立派にごみをリデュースしているのですが、

先ほど、おかゆの作り方を紹介した通り

食材と熱いスープを入れておくと、

保温されている間に調理してくれるという利点があります。

つまり、野菜スープなどを作る時に

あまり野菜などを小さく切って、

そこに熱々のスープベースを入れておくだけで

お昼には、ちょうど野菜スープになっているのです!

夕食や朝食などで、料理に使い切れず、

少しだけ余ってしまった野菜などを

とにかく刻んでスープをかけて

持ってくれば、身体にもお財布にも環境にも優しい

スープが出来上がると言う訳です!

一石二鳥。いや、三鳥ですね!

少しだけ余ってしまった野菜って

なかなか使い道が無くて

結局捨てられてしまったりすることも

多いのではないでしょうか。

今回は、職場で…というお話をしましたが

もちろん、ご家庭で、お一人でお昼ごはんを食べる

…なんて時にも、ミニ保温調理器として使えたりしますよ!

次回は、実際にこのフードポットを使って

作った料理を紹介したいと思います!

ちょっとした工夫

[つのでゅー]  2013年07月26日 10時00分

みなさん、こんにちは。


突然ですが、町を歩いていたら、こんなものを見つけました!

とある施設の駐車場だったのですが

みなさんは、これ、何をしているのか分かりますか?


これは、伸びすぎた枝をせん定したものや、

刈り取った雑草などを乾燥させているそうなのです。

刈り取ったり、せん定したりした直後の水分を100%とすると、

2日間、このように袋の上部を開けて乾かすだけで

40%も水分が減るのだそうです。


刈り取りをしてから、次のごみの日に出すまでの間、

このようにビニル袋の口を開けておくだけでも

大分、効果があるということになります。

軽くなれば、ごみの集積場所まで運ぶのも楽になりますし、

ごみの焼却場では、効率的に燃焼させることが出来て

ごみ工場での焼却熱を利用した発電量も増加するそうです。


節電が叫ばれる昨今、このような電力も貴重なものとなります。

これから、どんどん伸びてくる草木。

ごみに出す量も増えるかと思いますが

このような、ちょっとした工夫をしていきたいですね!

ただし、このように草木を乾燥させる時は、

天気に気をつけてください(雨が降ったら台無しですからね…)

また、風とかで中の草木が飛ばされないように
注意してください!

簡易包装推進キャンペーンを開催しました!【2】

[つのでゅー]  2013年07月04日 10時54分

みなさん、こんにちは。


前回に引き続き、イオンさんと共同で行った簡易包装推進キャンペーンを報告します。



今回は横浜市が行った催事内容についてです。
私が参加した東神奈川店では生ごみの水切り啓発や、3R夢サポーターの募集コーナーを行いました。



生ごみの水切り啓発については、ご家庭で水分を含む生ごみを出す際には「ぎゅっと」しぼってから出すよう、
水切りネットを配付して市民のみなさまに呼びかけを行いました。

他にも、手つかず食品(何も手が付けられずに捨てられている食品)の削減の呼びかけや、
分かりづらいごみの分別を掲示したパネルや3R夢カーの展示をしていました。


次に、3R夢サポーターの募集コーナーでは、ごみを減らすことで、
横浜市の未来の環境を良くしていくことに賛同いただいた方に、登録をしてもらいました。

合計86名の方に3R夢サポーターに登録していただきました!
3R夢サポーターについてはこちらをご覧ください。
http://www.r-hiroba.jp/supporters/touroku0.html

 


今回で2度目となったイオンさんとの共同キャンペーン。
今年もとても良いキャンペーンとなりました。

キャンペーンにご参加いただいた方が、
少しでもリデュースに興味を持ち、実践していただけたらと思います!