ヨコハマRひろばブログ

横浜らしく、かっこよく、「もったいない」を楽しむために
身の周りにある、ちょっとしたリデュースにつながることを
探して、見つけて、実践して、報告していきます。
「ヨコハマRひろばって何?」って方は、こちらへどうぞ!

ブログトップ > [アーカイブ]2013年8月

使い捨て容器がいっぱい!

[つのでゅー]  2013年08月30日 13時00分
みなさん、こんにちは。

もうすぐ9月になりますね~

今年もお祭りなど、夏を彩る多くの出来事がありました。
 
先日、地元のお祭りに行ってきまして、
 
大きなお神輿をみたり、ご近所さんが参加しているカラオケ大会を聴いたりと  、

おいしいビールを片手にお祭りを楽しみました。
 
お祭りがが終わり、さて帰ろうとしたところ…

衝撃的な光景を目にしました!



自動販売機の前に大量のごみが捨てられています。

これはひどいな…と思いつつ、袋の中は、屋台で販売している、

食べ物を入れるプラスチック製の容器や紙コップばかりでした。

袋の中身もパッと見て、分別されていないみたいだし、、

そもそも、こんなごみ箱ですらない所に捨てられているのはダメじゃないかー!!

っと思ったのですが、

みなさんもお祭りの帰りにごみの山を見かけたことありませんか?

ごみの山を見ていい気分はしないですよね…


実は…

イベント等で使い捨て容器を減らす方法があるんです!

これです↓


これはリユース食器というもので、
 
お祭りなどのイベントで食べ物や飲み物を提供する際に使い捨て容器ではなく、 
 
このリユース食器を使って提供することで、使い捨て容器ごみの削減ができるそうです。


実際に横浜市の一部の区民まつりでは、リユース食器が使われているそうで、

去年の「ほどがや区民まつり」では45ℓのごみ袋でなんと…

約26袋分のごみを削減できたそうです!

他都市のイベントでもリユース食器は使われていて、

京都市では、日本の三大祭にあげられる祇園祭の中で

一部のお店でリユース食器を導入しているそうで、

昨年は、通常のお店と比べ、3日間で9割以上のごみが削減され、

出されたごみは、わずか4kg程(燃やすごみ3kg、プラスチックごみ1kg)
 
だったそうです!    
 

いや~すごいですね!

使い捨て容器をリユース食器に変えるだけで、

こんなにもごみを削減できますし、

きっと自動販売機の前がごみでふさがれることもなくなると思います (笑)

それに容器を使い捨てからリユース食器に変わったからって、

食べ物や飲み物の味は変わりませんし、せっかく注文するなら、

ごみが出ないほうがいいですよね♪
 
ちなみに、横浜市ではこの利ユース食器を多くのお祭りなどのイベントで  
 
使ってもらえるよう、出展者向けに    「リ ユース食器導入の手引き」  
  
 
作成しているそうです。

実際に飲食店を出店する人以外にも、私もそうですが、リユース食器がどういったものかを

知ることができ、ごみを減らすとても良い取組が書かれています!

みなさんもお時間のある際にぜひご覧ください♪
http://www.city.yokohama.lg.jp/shigen/sub-shimin/reuse-shokki/

ヨコハマライブラリーカフェ

[つのでゅー]  2013年08月23日 13時00分
みなさん、こんにちは。

今回は、図書館でのリデュースの取組について紹介します。


西区にある中央図書館では、「ヨコハマライブラリーカフェ」という

取組を行っています。

これは、様々な学術分野で活躍する方が、研究成果を解説するとともに、

図書館にある資料を紹介していて、難しいイメージを持つ

「研究」の面白さを感じることができる取組です。

そのなかで、場を和ませる雰囲気づくりや気分をリラックスさせるために、

おいしい紅茶を提供しています。

その紅茶をいただくために、中央図書館では…

参加者される方には必ず、マイカップを持参するよう

呼びかけています。

マイカップを持参することで、紙コップなどの

使い捨て容器を使わず、ごみの出ないリデュースの取組が行われています。


このように、図書館にマイカップを持参してごみを出さないようにするように、

私たちのライフスタイルには、ちょっとしたリデュースの取組を取り入れる機会が

あります。

一例として、ペットボトルをマイボトルに替えて出かけることも

ごみを出さない大切なリデュース行動の一つです。

みなさんも、身の回りのちょっとしたことからリデュース行動に取り組んでみませんか?


なお、ヨコハマライブラリーカフェの開催日時や参加方法等

については下記をご覧下さい。

http://www.city.yokohama.lg.jp/kyoiku/library/chosa/librarycafe.html#librarycafekako

そごうおもちゃ病院

[つのでゅー]  2013年08月16日 13時00分
みなさん、こんにちは。

今回は、そごう横浜店さんで行っているリデュースの

取組を紹介します。



そごう横浜店さんはヨコハマ3R夢パートナーとして、

日頃から3Rに関する取組を行っていただいていますが、

そのそごう横浜店さんが、壊れたおもちゃを持参すると修理し、

より長く使えるようにする「そごうおもちゃ病院」という取組を

行っています。

おもちゃの破損部分の接着や汚れの除去、スイッチの

交換といった修理を原則1人1台ずつ受け付けてもらえるそうで、

他店で購入したおもちゃでも受付できるそうです。


そごうおもちゃ病院は毎月第4日曜日に開催され、そごう横浜店8階の

玩具売り場に併設されるそうです。


やはり愛着がある物は大切に長く使いたいものですよね!

リデュースにもつながります。

みなさまもぜひ、お子さんやお孫さんと一緒に、

そごうおもちゃ病院を通じて、物の大切さを実感してみませんか?


なお、そごうおもちゃ病院は部品の交換等で一部有料や

その日に引き渡しできない事もあるそうなので、

詳しくは下記のホームページへお問い合わせください。
https://www2.sogo-gogo.com/wsc-customer-app/page/511/dynamic/shop_details/ShopDetails?shop=S000015718


フードポットで保温調理

[つのでゅー]  2013年08月09日 13時00分

みなさん、こんにちは。


前回のブログでお知らせしたとおり、

今回は、フードポットを保温調理器の替わりとして、

こんなものを作ってみました!



トマトリゾット…というより、トマトリゾット風のスープ雑炊とでもいいましょうか。

美味しそうですよね?

自分で言うのもなんですが、美味しいです


作り方は、とっても簡単です。

余りの細切れ野菜をさらに細かく刻んで(玉ねぎ、ピーマン、茄子など)、

生米を適量(大さじ1杯ちょっとくらいでしょうか…)をフードポットに入れ、

ここに熱いお湯を適量入れておきます。

トマトジュースにコンソメとお水を少し足して沸騰させた

スープベースを作ったら、フードポットのお湯を捨てて

スープベースを注ぎます。

終わりです。

簡単ですよね!

ご飯を炊いておく必要がなく、生米でOKです!

スープベースを沸かす時間を入れても

ものの5分もあれば準備OKです!


さて、前回の記事で保温効力が6時間で57℃

とご紹介しましたが、今回はもう少しこの辺を詳しく説明しますと、

保温効力というのは家庭用品品質表示法によって

決められているもので、

「室温20℃±2℃において2時間以上開栓して放置した製品に

付属の中栓をしたときの中栓の下端まで沸騰水を入れ

湯の温度が95℃±1℃になったときに、

その製品付属の中栓等をした後、一定時間放置した場合のその湯の温度」

…らしいです。

要は95℃のお湯を容量ギリギリに入れて

6時間置いておいても57℃ありました

…ということのようですね。

もちろん、この時の内容物はお湯ですから、

スープ類のようなものを沸騰させていれれば

100度以上の状態で容器に入れられますので

さらに高い温度で保持される…はずです。


なので、保温による調理が出来ると言うわけですね。

そんな訳で、少しだけ余らせてしまった野菜に合わせて、

味を和風や中華風にすると、毎日楽しめます!


もちろん、冷たいものも良いので

夏にはビシソワーズのような冷製スープや、

デザートとして杏仁豆腐なんかを

持ってくるのも良いかもしれません!