ヨコハマRひろばブログ

横浜らしく、かっこよく、「もったいない」を楽しむために
身の周りにある、ちょっとしたリデュースにつながることを
探して、見つけて、実践して、報告していきます。
「ヨコハマRひろばって何?」って方は、こちらへどうぞ!

ブログトップ > [アーカイブ]2014年12月

土壌混合法にチャレンジしてみませんか

[nayuta]  2014年12月26日 11時45分
久しぶりの登場です。
何が?とお思いでしょう。
土壌混合法です。

土壌混合法ってなんだっけ?と思っているあなた、
ブログのカテゴリから土壌混合法をチェックするか、
こちらのページへ。
http://www.city.yokohama.lg.jp/shigen/sub-shimin/nama-eda/nama/gen1-6.html

さあ、思い出しましたね。(2年ぶりの登場です!)

さて、今回は、実際に土壌混合法をやられているKさんに
お話をうかがったので紹介します。

Kさんは土壌混合法を始めて3年になるそうです。
これまで紹介してきたのは、プランターを使った方法でしたが、
Kさんはプランターの代わりに、ホームセンターなどで売っている
大きめのコンテナボックスを1つ使って実践しているそうです。
   


「三角コーナーや水切りネットは使わず、シンクの排水トラップに
貯めておいた生ごみをそのまま取り出して、夕食後、毎日入れて
かき混ぜています
。水切りもあまりしない方が、かえって適度な
湿り気具合になって良いように思います」

毎日やっても、半年くらい経たないと、中身は増えてこないそうです。

「1日1回、移植ゴテでかき混ぜるだけなので、作業は楽です」とKさん。
この取組を始めてから、燃やすごみの量が格段に減ったとのこと。

上手くいくコツは、晴れの日は日中フタを開けておき、
夜や雨の日はフタを閉めること。
雨は大敵だそうです。

「経験上分解しにくいと感じるものは、ブロッコリーの芯、貝殻、
手羽などの太い鶏肉の骨、玉ねぎの薄皮などですが、
焦って土を作りたい訳でもないので、特に気にしていません。
次から次へ、毎日どんどん入れて撹拌しています」
   


できた土は写真のようにふるいにかけて、庭に蒔いているそうです。
「ふるった土はとても良い香りがしますよ」と
嬉しそうにお話してくれました。
   


年末は何かと生ごみの出る時期。
一度土壌混合法を試してみてはいかがでしょうか。


今年もR(リデュース)ひろばブログを読んでいただいて
ありがとうございました。今年はこれで最後になります。
新年は1月9日からを予定しています。

では、みなさま、良いお年をお迎えください。

これがプラごみ?

[nayuta]  2014年12月24日 17時00分
最近まで、ずーーっと悩んでいたことがありました。

これです。

 

なんで 悩んでいたのか、わからないと思いますが…
これを何に分別したらよいのかわからなかったのです。

持った感じは、ガラス製。
でも、プラマークがあるのです。

どう考えてもプラスチック製とは思えないし、
何かがおかしいと思いながら、よく見ると…

プラマークの斜め上に小さな文字で
キャップ、ポンプと書いてあるではありませんか!

 

な~んだ、そうだったのかと思いつつ、
きちんと分別して、処分することができました。(フー!)

わかりにくいプラスチック製容器包装。
年末なにかと忙しいですが、
マークとその周辺をよく見てきちんと分別しましょう。

買う?売る?譲る?もらう?

[nayuta]  2014年12月19日 17時00分
年末が近づいてきましたね。
年末と言えば、大掃除
いろいろ処分するものも出て、
収集のスケジュールを確認してと、大変ですね。

そんな折、あるお宅の前でこんな物を見つけました。



写真では何がなんだかわからないかもしれませんが……
並んでいるのは、本 です。
簡単に言えば、「本を自由にお持ち帰りください」ということなのです。

読まなくなった本を捨てるには忍びない気持ちでいたので、
こんな方法もあるんだなぁと思いました。

そういえば、以前読んだ本に、一度読んだ本は、お気に入り以外は
リビングのカゴに入れておいて、遊びに来た人に自由に持ち帰ってもらう
という方法が紹介されていました。


本を譲ったり、譲られたりということでは、
市でも「リユース文庫」というものをやっています。

図書館や区役所などに設置されているので、
読まなくなった本を持ち込んだり、
読みたい本をそこから持って帰ったりができるのです。

処分を考えている本は、リユース文庫に持って行って、
家の中はスッキリ!
リユース文庫から読みたい本を選んで、
年末年始の休みに読書三昧!
というのもよいかもしれませんね。

リユース文庫の設置場所や利用方法はこちらから。
http://www.city.yokohama.lg.jp/shigen/sub-shimin/reuse-bunko/


マイボトル持ってスタンプラリー その3 

[nayuta]  2014年12月12日 17時00分
前回は3館目の「ベーリック・ホール」まででしたので、
今回は4館目の「エリスマン邸」から。

元町公園の一角にあるこの館。
緑に囲まれてとても眺めが良いのです。
ここにもカフェがあるのですが、
この日は外での飲料販売もされていました。
     


さて、その斜め向かいにあるのが、5館目「山手234番館」。
ゴールはもうすぐです。ここからはラストスパート。
目指すは6館目「山手111番館」。
ゴールを横目で見ながら向かいます。
ゴールは「横浜市イギリス館」。
ここで最後のスタンプを押して、7館のスタンプが揃いました。

     


のんびり館内を見ていたので、所要時間は1時間半。
とても気持ちの良い散歩になりました。
7個すべてのスタンプを集めた景品はこれ。

    


エコバッグです。イーオのイラスト入り。
ちなみに5個以上だとミニタオルでした。

帰りは港の見える丘公園を通り抜け、元町・中華街駅へと
向かいました。
帰路についても、マイボトルの紅茶は十分温かかったです。

    

マイボトル持ってスタンプラリー その2

[nayuta]  2014年12月05日 17時00分
前回は、受付を済ませ、1館目の「ブラフ18番館」まで廻りました。

       


2館目は「外交官の家」。
ここにはカフェがあり、コーヒーや紅茶などをマイボトルに
入れてくれます(有料)。
私は紅茶を注文。
紅茶が熱いからと氷をいれてくれる心遣いが
うれしかったです。
庭にはテラス席もあり、外国人がお茶をのんでいました。
なんか山手らしいなと思った光景です。

次は「ベーリック・ホール」を目指します。
「外交官の家」からは少し離れているので、
地図を頼りに、カトリック山手教会を見つつ、
お散歩気分で歩きます。
スタンプラリーのポスターがなければ、
通り過ぎてしまいそうなところにありました、
3館目の「ベーリック・ホール」が。
かわいい子ども部屋が印象的な西洋館でした。

マイボトルの紅茶を飲みつつ、残り4館頑張るぞ!と、
気合を入れ直しました。

スタンプラリーはまだまだ続きます。