ヨコハマRひろばブログ

横浜らしく、かっこよく、「もったいない」を楽しむために
身の周りにある、ちょっとしたリデュースにつながることを
探して、見つけて、実践して、報告していきます。
「ヨコハマRひろばって何?」って方は、こちらへどうぞ!

ブログトップ > [アーカイブ]2014年7月

朗報!!

[きむ]  2014年07月25日 11時33分
 みなさん、こんにちは。

先日、「手つかず食品」の削減に関連したニュースを耳にしましたので紹介させていただきます。ニュースによれば…
 
ある食品メーカーにおいて一部加工食品の「賞味期限」の表示方法を、「年月日」から「年月」に変更する動きがでているとのこと(製造から賞味期限まで1年以上ある商品が対象)。
 
これは、例えば「平成27年8月1日」と表示されていた商品が、「平成27年8月」という表示へ変わるということになります。表示の幅が長くなることで、今まで期限切れにより廃棄されていた商品が捨てられずに済むことが予想されますね! 
我々、3R(リデュース・リユース・リサイクル)を推進している者にとって、これは朗報と言えると思います!!
捨てられていたものが、捨てられずに済むわけですから!(リデュースです

ところで、
 
みなさんの中には一つ疑問を持たれる方もいるかもしれません!
 それは…
「そもそも、今まで年月日で表示していたものを、年月に変更して安全性などに問題はないの?」
 という疑問です。
確かに、今まで「平成〇年〇月〇日」と表示されていたものが「平成〇年〇月」となると、表示の幅があいまいな印象を受けます。そのため、商品の期限が間近になると
「食べても大丈夫かな?」
と不安な気持ちになるかもしれないですよね!

しかし、この問題は大丈夫なのです!!
 

その理由としては、「消費期限」と「賞味期限」という言葉の意味が、混同されがちなことにあると思われます。


そもそも、「消費期限」というのは、長く保存がきかない食品に表示しているもので、開封していない状態で、表示の保存方法に従って保存しているときに、食べても安全な期限のこと。
つまり、期限が過ぎてしまうと食べることが難しくなる食品の期限を示しています。
 
一方、「賞味期限」というのは、開封していない状態で、表示の保存方法に従って保存しているときに、おいしく食べることのできる期限のこと。
つまり、賞味期限がきれていても、食べられなくなるということではないのです。
 
この二つの違いをしっかり認識されていないと、表示の変更に戸惑い「大丈夫なの?」という印象を受けるかもしれません。が、今回はあくまで「賞味期限」の表記変更ですので、食べる上では問題はないのです。
あくまで未開封の上、正しい方法で保存した場合ですので、そのあたりの管理はしっかり行ってください
 
今回報道されていた食品メーカーによる変更は、平成27年7月より開始されるそうなので、お目にかかるのはしばらく先になりそうです。
それまでみなさんには、是非「消費期限」と「賞味期限」をしっかり区別していただき、手つかずで廃棄されてしまう食品が出ないよう心掛けていただければと思っております。

 

「タダで処分したい」「タダで譲ってほしい」

[きむ]  2014年07月18日 16時46分
最近、おもしろい記事があったのでご紹介させていただきます!

みなさん、フリーマケットはご存知ですよね(当然)?
私も学生のころはよく利用しておりまして、お金が足りなくても交渉などで安く欲しいものを仕入れることができ、よく足を運んでおりました(笑)
 
ところが、今はネットの時代。ご自宅で、しかも無料で不用品をやりとりできるインターネットサイトが登場しているようです!!
(ご興味のある方、「無料」「やりとり」などのキーワードで検索してみてください)
 
みなさんも、きっとご経験があるかと思いますが…

「いらないものがあるけど捨てるには手間とお金がかかる(譲りたい)」
逆に、
「欲しいものがあるけど、お金を出さずして手に入れたい(譲ってほしい)」

と思ったことはありますよね?
 
今回登場しているインターネットサイトは、そんな供給と需要をつなげてくれる新しい仕組みを提供してくれています。
物を譲るということは、ごみを収集する手間や処分費用の削減につながりますし、逆に、譲られるということは、物を購入せずに済むのでリデュースに貢献できますね!

私も…
 「このサイトを利用せずにはいられない」
 という気になっております(ニヤリ)。
 
しかし
 
注意しなければならないこともありますよ!!
 
まず、フリーマケットと違い、相手の顔も物品の現物も確認することはできません。
また、物品のやりとりは個人間で行わなければならないので、郵送の際の個人情報の問題。
そして、やりとりの際の送料の費用など。
そういった意味では、やはりフリーマケットなどは安心できますね(上記3つの問題はクリアしています)。
 
ただ、そういったリスク管理を当事者でしっかりクリアできれば、タダで物が手に入るわけですから、利用してみたい気持ちにもなりますよね!
 
あくまで自己責任の領域にはなってしまいますが、そういったバランスを取っていただければ、無料で物が手に入る上、リデュース活動にも貢献できるので、ご興味のある方は利用してみてはいかがですか??

詰替えがいろいろ

[nayuta]  2014年07月11日 16時45分
詰替え商品といえば、シャンプー、ボディソープや液体洗剤など
液体のものがいろいろ出回っていますが、
最近では粉の商品もいろいろ出ているようです。

洗濯用洗剤といえば、液体が主流になっているようですが、
粉末洗剤も根強い人気があるそうです。

粉末で詰め替えをするのは大変そうだと思いますが、
粉末でも暮らしの中でできるエコということで、
袋ごと箱に入れるタイプの詰替えパックがでています。

袋ごと箱に入れるタイプなので詰め替えやすく、
詰め替えの時に粉が飛び散らないようになっているそうです。

箱とスプーンの再利用で、CO2が約60%、重量が約90%
削減できるそうです。

粉末洗剤がお好きな方にはおすすめですね。


また、粉と言えば、粉ミルク!
こちらも缶ではなく、専用ケースに袋ごと入れ替えるというタイプ
販売されています。
粉ミルクの缶は大きくて捨てにくいもの、詰め替え用なら
袋だけでごみも少なく簡単にリサイクルにまわせます。


こちらはCO2を約70%、重量も約70%削減できるそうです。

どちらの商品も買い物するときにも、環境にも優しそうですね。

      

啓発キャンペーン(in長津田)

[きむ]  2014年07月04日 16時44分
みなさん、こんにちは。
 
横浜市では、市内のスーパーや百貨店のスペースを借り、ごみの分別の相談やアンケート、ミニゲームなどを行うことで、市民の皆さまへごみに関する啓発を行っています。
 
その中で今回は、アピタ長津田店と横浜市緑収集事務所が共同で行ったキャンペーンの様子を、当日の風景に合わせてご紹介します。
 


こちらは、分別方法の相談と、ごみに関するアンケートを行ったブースの様子です。
ごみの分別について、ご家庭のモヤモヤを解決するため市民の相談を受け付けていました。特に多かったのは「プラスチック」の分別相談について。区別が難しいとのご相談が多かったように思われます。
プラスチック製容器包装についてはこちら↓↓↓
http://www.city.yokohama.lg.jp/shigen/sub-shimin/dashikata/das12.html
 

こちらは、アンケートに回答いただいたこどもたちへ配付した缶バッチです。マスコットキャラクターがデザインされたもので、特にイーオの人気が高かったですね(大人の方には、水切りネットとポケットティッシュを配付しました)。




こちらは、当日行われた「紙芝居」の様子です。横浜市のごみに関する事情や取組などを、お子様にもわかりやすい内容でつくられたものです。集中して見てくれているこどもたちが非常に多かったです!きっと横浜市の将来を任せることのできる大人になってくれると思います(笑)。
 
そして、この後イベントはさらに盛り上がりを見せました!
黄色いフォルムの彼がやって来てくれたのです。
我らがマスコット…
 


イーオです!!
 
職員の合図で写真撮影が始まると…
 
どどどどどどどど


 
こどもたちがたくさん集まってくれました!我々も3R(リデュース・リユース・リサイクル)啓発に携わる身であるので、こういった光景は嬉しい限りです。
なお、当日は緑区のもう一人のスター、3R夢戦隊シボレンジャー(グリーン)も登場。


握手やハイタッチをしてこどもたちを喜ばせてくれました(イーオには負けますが笑)
 
改めて「イーオ」と「シボレンジャー」の啓発パワーを感じることができた一日でした。
 
特に、こどもたちへの啓発活動において、「説明して理解させる」というのはなかなか難しいところもありますが、「イーオ」や「シボレンジャー」がきっかけとなり、記憶に残ってくれるだけでもその意味は大きいですよね!
今後ごみ問題へ関心を持つきっかけになるかもしれませんし!
 
以上簡単ですが、緑区における啓発活動のご紹介でした!
 

3R夢(スリム)パートナーの取組紹介(2)

[きむ]  2014年07月02日 12時00分
前回の続きです。

3R夢(スリム)パートナーに初の薬局さんからの登録申請があり、取材訪問したところまでお話ししましたね。今回は、その中で特に印象の強かった「粉薬分包紙の分別啓発」について紹介させていただきます。まずは、粉薬分包紙の写真をご覧ください。
 



 

写っているのが粉薬分包紙(粉末のお薬などを入れるプラスチック製の袋)です。
「プラ」のマークがありますね?
3Rの啓発のためプラマークを表示し、分別の呼びかけを行っているそうです。
 
しかも、
 
この表記をすることには、分別啓発以外にもう一つ狙いがあります。それは…
 
「プラマークの表記に患者様が目を向けることで、薬の飲み忘れや飲み残しがないかも確認してもらいたい」
 
という願いを込めているそうです。どうゆう意味かといいますと…

例えば、粉末薬を飲んでいる患者様がいたとします。自分ではお薬一回分全て飲み干したと思い、分包紙をごみ箱へ。ところが、よく見ると分包紙内には少しお薬が残ったまま。
このような患者様は少なからずいるかもしれませんよね?

ところが、薬の分包紙にプラマークが付いていて、分別するよう啓発をしていれば、分包紙を捨てる前に袋そのものを再度見直すきっかけになりますよね?
その結果、飲み残した粉末薬に気づき残った薬を飲みきる、ということにつながるかもしれません。
 
つまり、

ごみの分別意識を啓発=お薬の飲み残し防止という効果が出てくることになります。


その意味で…
ごみ分別の意識啓発によって、患者様の健康に貢献できるとも言えますし

さらには言えば、

「患者様の健康」と「ごみの削減」という「人」にも「環境」にも貢献できる取組とも言えます。

 
 
最初お話を聞いてからこの仕組みを理解するまで、少し時間がかかったのですが、理解できると素晴らしい取組だと感心してしまいました。ご自分たちでお考えになって実践していらっしゃるあろま薬局さん、すごいです!
 
これまで薬局さんでの取組についてPRする機会は残念ながらなかったのですが、今回のように見本となる取組を見つけるためのアンテナを張り、良いものは全力でPRしていかなければならないと思った一日でした。
 
明日からみなさんも、薬局でいただいたお薬を服用した後は、プラマークがないか確認してみてください!
その意識が自身の健康につながるかもしれないですよ??