ヨコハマRひろばブログ

横浜らしく、かっこよく、「もったいない」を楽しむために
身の周りにある、ちょっとしたリデュースにつながることを
探して、見つけて、実践して、報告していきます。
「ヨコハマRひろばって何?」って方は、こちらへどうぞ!

ブログトップ > [アーカイブ]2015年7月

冷蔵庫の上手な使い方

[nayuta]  2015年07月31日 12時00分
冷蔵庫には、たくさんの扉があります。
野菜室、チルド室、冷凍室……
製品によっても呼び方が違うようで。

名前が違うということは機能も違う???
ということで、今回はそれぞれの特色を紹介します。

まず一番使うのは「冷蔵室」
温度帯は3~5℃。残ったお惣菜やサラダ、
デザートなどを入れておくのに向いています。

この季節、活躍するのは「冷凍室」
温度は約-18℃。アイスには最適ですね。
多めに買ってしまった食材も、
長期保存したいときはここを利用。

「野菜室」には、もちろん野菜。
5~7℃と他より高めの温度になっています。
野菜のほかにも、果物やドリンクを入れておくのに
向いています。

肉や魚は「チルド室」。約0度です。
ヨーグルトや練り製品に、なんと漬物などの
保存にも適しているとか。

チルド室に似ているけど、異なものは、「パーシャル室」
凍っているのか、いないのかというイメージがありますが、
温度は約-3℃。肉や魚をわずかに凍っている状態で
保存できます。

それに対して「氷温室」は、温度約-1℃。
凍らない状態で保存でき、刺身や肉、魚などに
適しています。

そして、「ドアポケット」。調味料やドリンクを入れるという
イメージですが、やはり温度が6~9℃なので、
卵などあまり温度に左右されないものに向いています。

冷蔵庫内のそれぞれの特徴を活かして、
食材を上手に保存して、おいしく食べきりましょう。

マイボトル 中身にはご注意を

[若。]  2015年07月22日 11時21分
 梅雨も明け、本格的な夏に向かってきていますね。
 毎日暑い日が続きますので、日射病・熱中症の予防策が重要になってきます。
 
 予防策のうちの一つが『水分をこまめにとること』
 お出かけの際は、是非マイボトルも一緒に連れて行ってあげてください。
 

 ちなみにこれは最近買ったマイボトル。
 これのおかげで外出中でも水分補給が出来ます。
 
 
 ところで。
 マイボトルの中身、みなさんは何を入れていますか?
 水・お茶・スポーツドリンク……あたりが一般的でしょうか。
 好きなものを入れられるのがマイボトルの魅力の一つだとは思いますが、実は、入れてはいけないものもあるみたいです。
 
 というわけで、マイボトルに入れてはいけないものを調べてみました。
 
 
・ドライアイス・炭酸飲料
 入れることによって本体内の圧力があがり、キャップや中せんが開かなくなってしまったり、中の飲み物がふき出してしまったり、部品が破損して飛散してしまったりすることがあり危険です。
 
・みそ汁やスープ、昆布茶など塩分を含んでいるもの
 塩分により内側がさびてしまったり、保温機能が低下してしまう原因になります。
 
・牛乳・乳飲料・果汁など
 中身の成分が腐敗することがあります。
 また、そのまま長く放置しておくと、腐敗によるガスの発生によって本体内の圧力があがり、中の飲み物がふき出してしまったり、部品が破損して飛散してしまったりすることがあり危険です。
 
・アルコール類
 乳製品と同じく、中身が発酵することによってして内圧が上昇し、本体内の圧力があがり、中の飲み物がふき出してしまったり、部品が破損して飛散してしまったりすることがあり危険です。
 また、臭いが本体や中せん等に付着して、取れなくなる可能性があります。
 
・果肉・お茶の葉など
 キャップや中せんの隙間などに詰まってしまい、内容物が漏れるなどの故障の原因となります。
 
 
 こうしてみると、注意が必要なものが結構あるんですね。
 
 
 意外だったのがスポーツドリンク
 調べているうちに、こんな文章を見つけました。
 
 スポーツ飲料には塩分が含まれており、ステンレスが腐食する可能性があるので、こまめにお手入れをしてください。
 
 スポーツをされている方なら、マイボトルの中にスポーツドリンクを入れることもあるでしょう。
 長い時間入れたままにしていると、本体内部のステンレスが腐食してしまいますので、使い終わった時にはちゃんと洗ってくださいね。
 
 
 正しいお手入れをして、マイボトルと長く付き合っていきましょう!