ヨコハマRひろばブログ

横浜らしく、かっこよく、「もったいない」を楽しむために
身の周りにある、ちょっとしたリデュースにつながることを
探して、見つけて、実践して、報告していきます。
「ヨコハマRひろばって何?」って方は、こちらへどうぞ!

ブログトップ > [カテゴリ]リデュース活動

家賃の○%が無駄になっているかも?

[ぽかり]  2017年03月24日 15時10分
 こんにちは。ぽかりです。
 
 横浜市内でも桜の開花が観測されて春の訪れを感じる今日この頃、新年度に向けた引っ越しや大掃除などに追われている方も多いのではないでしょうか?
 
 今回は、「家の中の不用品について」の面白いレポートを見つけたのでご紹介したいと思います!
 
家賃の20%が無駄になっている? リユースのススメ(リユース! ジャパン プロジェクト)」(外部リンク)
 
 要約すると、2014年にヤフオク!が実施した家の中の不用品についての調査によると、「家の面積に対し、平均で20%を不用品が占めている」ことが分かったそうです。この結果を身近な家賃と結び付けて、「多くの人が家賃の20%を無駄なものに使っている」とレポートでは言っています。
 
 流石に家賃には住居の設備にかかる費用なども含まれているかと思うので、単純に「不用品の占める20%=家賃の20%」とはならないかと思いますが、使わないものを保管するためにもお金がかかっているという視点には、「なるほどなぁ」と感心してしまいました!
 
 この話を聞いて、「よし、不用品は捨てよう!」と意気込んでいるあなた、ちょっと待った!
 
 あなたにとって不用なものが必ずしも「ごみ」とは限りません。
 
最近では、フリマアプリやネットオークションの普及で自分が使わなくなったものを次の人へ渡す手段も増えてきています。また、横浜市内には「不用品交換情報掲示板」や「リユース文庫」を設置している区役所などの公共施設があります。
(「不用品交換情報掲示板」については、こちら/「リユース文庫」については、こちらをご覧ください。)
 
 「もったいない」の心を持ち、このようなチャンネルを活用することで、むやみにものを捨てないライフスタイルが定着するといいなぁなんて思いました。

 リユース文庫
 …私の場合は、まず衝動買いを止めるところからですが……!
 
 おしまい。

びんを返しに…

[ぽかり]  2017年03月13日 16時42分
 こんにちは。ぽかりです。
 
 前回の続きです!
 
 西区の藤棚一番街でリユースびんに入ったご当地ドリンクを購入したぽかり氏、無事「横浜ラガービール」と「オリツルサイダー」を自宅に持ち帰り、夕食後に美味しく飲み干しましたとさ。おしまい。
 
…ではありません!
 
 ここからが、肝心です。
 
 このプロジェクト、飲み終わったびんをそのまま捨ててしまっては何の意味もありません。
一度使用したびんをきちんと返却して、再利用してもらうまでが「びんリユースシステム横浜モデル」です。
 
今回は、その返却の様子をご報告します。


飲み終わったびん達の写真
飲み終わったびん達。オリツルサイダーは炭酸が効き過ぎずとても飲みやすく、横浜ラガーはしっかりした味わいで肉料理によく合いました。


ポスター
というわけで再度、西区の藤棚一番街へ。先日購入しに伺った際にもあったポスターの右下に返却場所が書かれています。
今回私が返却に伺ったのは2月27日だったので、返却場所は「藤棚ライブステーション」になるそう。
 
ポスター

らいぶステーション
ポスターがあった場所から1分もかからずに見つけました。
 
早速中に入ってみるとありました返却用のケース!
返却用ケース
ケースには、このプロジェクトの発端となった小学生の書いた環境絵日記のイラストが貼り付けられていました。
 

返却用のケース
早速、私が持ってきたびんも追加します。リユースびんの返却は特に手続きもなくただこのケースに入れるだけで良いとのこと。なんの煩わしさもありませんでした。
 
らいぶステーションの写真
こちらのライブステーションでは、パソコン教室をはじめ、色々な催し物を実施しているみたいでした。因みに私が伺った時は、折り紙教室が開かれていました。
 
びんを無事返却したぽかり氏、空っぽになったマイバッグで夕飯の買い物をして帰宅しましたとさ。
 
おしまい。

ミニキエーロの食事~2回目~

[ぽかり]  2017年02月24日 10時06分
こんにちは。ぽかりです!
 
暖かくなったり寒くなったりと変な天気が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか?
 
前回ミニキエーロに食事を与えてから2週間が経ちました。
 
そろそろ次の食事を与えても良い頃合いだろうということで、今回は、2回目の食事を持って屋上へ行ってきました!
 
まずは、1回目の札の下を掘り起こしてみると…
1回目の札の下を掘り起こした社員
ずいぶんと量は少なくなっていました!(投入当初の写真はこちらの記事をご覧ください)
担当者曰く、もう少し細かく切っていれば、さらに分解が進んでいただろうとのこと。
 
そして、2回目の食事はこちら!
2回目の様子
・ネギの切れ端
・小松菜のしっぽ
・玉ねぎの皮(少し)  計80g
 
寒い時期は、土の中のバクテリアも眠りがちだということで少量ずつ与えることにしました。
2回目の様子2
水を加えて、良く混ぜて…
 

きれいに土でふたをして終了。
 

これからは、1回目と2回目の様子を同時並行で見ていきます!

ミニキエーロの食事~1回目~

[ぽかり]  2017年02月03日 16時31分
こんにちは。ぽかりです!
 
天気の良い日が続きますね~
「こんな日は、土の中のバクテリアも元気だろう」ということで、ミニキエーロへ生ごみを投入しに行ってきました!


実は前回設置をしてから、初めての「エサやり」になります。
 
職場では食品ロスを出さないように取り組んでいることもあり、なかなか生ごみが出ずにいたところ職員のひとりが自宅から持参してくれました!
 
中身は
・キャベツの芯
・レタスの変色した部分
・トマトのへた
など、食事の支度の時に出た野菜くずです。


ミニキエーロ君の初めての食事としては上々の内容。
 
早速、投入していきましょう!
 
~手順1~
生ごみを入れる穴を掘ります。


~手順2~
穴に生ごみを投入します。



「大きな塊については、細かくしてあげると消化が早くなりますよ!」byきむさん

 
~手順3~
生ごみと土が触れ合う面が多くなるようによく混ぜます。



~手順4~
べちゃべちゃにならない程度に、水を撒きます。


手でギュッと握ると、玉になるくらいが適度な湿り具合とのこと。


~手順5~
生ごみが完全に見えなくなるように土を被せます。

 
外に生ごみが残っていると、虫が湧いたりカラスが食べに来てしまうことがあるので、気を付けましょう!

 
~手順6~
ミニキエーロのどのあたりに埋めたかが分かるように印を立てて、ふたをして終了!


 
説明するとやや手間がかかりそうな印象を受けるかもしれませんが、所々写真を撮らせてもらいながらの作業でも、5分程度でした。
 
これから定期的に確認しに来て、どれくらいで食べきってくれるのかを観察したいと思います!


屋上のニューフェイス

[ぽかり]  2017年01月26日 11時36分

こんにちは!ぽかりです。


先日、うちの職場に新しい仲間が増えました。それがこちら…

黒土とミニキエーロ

黒土。
…ではなく、「ミニキエーロ」セットです!
 
キエーロを紹介するサイトを見てみると、「キエーロとは、土の力(バクテリア)で生ごみを分解する生ごみ処理機です。」、
「また生ごみを入れても土の量は増えませんし、正しく使えば、虫や臭いは発生しにくいといった特徴もあります。」とのこと。

似た説明をどこかで聞いたことが…という方は、リデュース上級者です!そう、横浜市では「土壌混合法」と呼ばれる生ごみ処理方法と同じ原理です。
 
こちらのものは、他都市の取組も参考にしつつ、神奈川県葉山町にお住いの夫妻が発案した「ベランダdeキエーロ」より小さいサイズを試作したものです。
 
今回は、こちらを職場の屋上に設置するということで立ち会わせてもらおうと思ったところ…

設置完了

写真を撮る間もなく、黒土を容器の中に入れて、平らにして終了。
 
正直「え、これだけ?」と今でも半信半疑ですが、これで、年間約40kgの生ごみを処理してくれるとのことなので、これからの「ミニキエーロ」君の活躍に乞うご期待です!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
過去のブログ記事に土壌混合法の詳しい説明や実践日記もございますので、合わせてお読みください。↓↓↓

《どじょこん日記》
土壌混合法初心者が1か月実践し続けた奮闘記。
http://www.r-hiroba.jp/blog/index.php?c=6

《土壌混合法にチャレンジしてみませんか》
土壌混合法を日常的に実践されている方からの注意点やアドバイスを紹介した記事。
http://www.r-hiroba.jp/blog/index.php?c=6&no=286

身の回りの「もったいない」を考える~コーヒー編~

[ぽかり]  2017年01月19日 17時00分
初めまして、こんにちは。
この度、新たにブログ更新に加わることになりました「ぽかり」と申します。
今後少しずつですが、更新をしていきたいと思いますのでよろしくお願いします!

記念すべき第1回目投稿は、コーヒーについて。
 
皆さん日本では、1年間にどれ程のコーヒーが消費されているかご存知ですか?

2015年の国内消費量は、約460,000トン。平均すると国民一人あたり1週間に11杯程度飲んでいる計算になるそうです。
私の勤める職場にも共有のコーヒーメーカーがあり、コーヒーを飲む人が自分で淹れて、好きなときに飲めるようになっています。

 
毎年この時期は寒さが厳しいためか、皆こぞっておかわりするのでコーヒーを淹れる回数もおのずと多くなります。
 
私自身日に4杯はコーヒーを飲むカフェイン人間なので、よくコーヒーの粉の交換と併せて出がらしの処理をするのですが、そこでふと思ったことがあります。
 
「コーヒーの出がらしの再利用方法ってないのかな。」
 
職場でもコーヒーを飲み、家に帰ってからもコーヒーを飲む身として、これは是非知っておきたいと思い、色々と調べてみたところ、全日本コーヒー商工組合連合会様のウェブサイトで「粒より百科VOL.22(2009年)『コーヒーECO知識』編」(外部リンク)という小冊子を発見しました。
 
簡単にまとめるとコーヒーの出がらしの活用方法としては、

①脱臭剤やニオイ消し
出がらしを置いておくだけで脱臭効果等があるとのことです。淹れ終ったものをそのまま置いておけば乾燥もして水切りにもなりますね!

②草花の肥料
いわゆる土壌混合法をすることで肥料としての活用も。コーヒーの成分(カフェインなど)によって虫が寄りづらくなるとのこと。(ただ量が多すぎると同じ成分が草花の成長を阻害してしまうとのことなので入れすぎには注意してください。)

③油汚れ取り
コーヒーは酸性かつ油分が含まれているため、食器の油汚れなどとの相性が良いそうです。

 
有効活用しながらリデュースができる、
まさに一石二鳥の一工夫ですね!

12月4日、イーオの一日

[えむ]  2016年12月14日 08時30分
こんにちは!
 
前回の記事で、12月4日に開催された
「第10回西区ハマのウォーキングフェスティバル」での
「おでかけマイボトルキャンペーン」の様子をお伝えしました。
 
実はこの日、朝からお昼過ぎまで、
資源循環局のアイドル・イーオは、ウォーキング参加者の応援のために
スタート会場やゴール会場を駆け回って大忙しでした。
 
今回は、そんなイーオの一日をお伝えします!


朝、スタート会場の戸部公園に集合。

西区のマスコットキャラクター「にしまろちゃん」(左)と
よこはまコスモワールドの「コスモくん」(右)と一緒です。
 
スタート前のラジオ体操。



10キロコースと5キロコースは30分の時間差で出発するので、
それぞれの体操にフル参加しました!
 
スタートのお見送りをした後は、ゴール会場の臨港パークへ。

途中、給水ポイントの高島中央公園を通りかかって…
ひっそりとエールを送りつつ、会場に急ぎました。

到着すると、さっそくゴールゲートで参加者のお出迎え。 


ハイタ~ッチ!
 

セレモニーでは、くす玉割りのお手伝いもしました。
 

子どもたちとの撮影会。
イーオは、いつも大人気です。
 

キャンペーンブースの呼び込みもがんばります。
 

スティックスポンジ使ってね!
 

そして再びお出迎えへ。
午後1時近くまで、めいいっぱい活動したのでした…。
 

お疲れ!イーオ!
 
これからもイーオは、様々なイベントで皆さんに会いに行きますので、
応援よろしくお願いします!!

おでかけマイボトルキャンペーンを実施しました!!

[えむ]  2016年12月09日 08時30分
こんにちは!
 
前々から、このブログで告知させていただいていた
「第10回西区ハマのウォーキングフェスティバル」が12月4日に開催され、
資源循環局の「おでかけマイボトルキャンペーン」も、無事終了しました!
今回は、キャンペーン当日の様子をお伝えします!
 

今回のウォーキングコースは、西区戸部公園からスタートして、
臨港パークでゴールする、5キロと10キロの2コース。
途中の高島中央公園に給水ポイントを設置しました。
 

スタート前の戸部公園。参加者全員で準備体操です。
 
そのころ給水ポイントでは…

事前の呼びかけに応えて、どれだけマイボトルをお持ちいただけるのか、
ドキドキしながら準備中。
 
そして、スタート後!

なんと500人弱、参加者の半数以上の方々が、マイボトルをお持ちくださいました!
ばんざーい!!
 

マイボトルをお持ちいただけなかった方には、リユースカップでお水を提供。
リユースカップのPRも行いました。
 
ゴール地点では、


マイボトルをお持ちいただけた方に、景品とマイボトルスポットマップをお渡ししました。


景品のスティックスポンジ。
これからも、マイボトルとマイボトルスポットを、よろしくお願いいたします!
 
今回のようなかたちでキャンペーンを行うのは初めてだったのですが、
たくさんの方々にマイボトルのPRをすることが出来ました。
参加いただいた皆さま、ありがとうございました!!
 
マイボトルスポットは、こちらから検索できます。
 
 
 
…あれ?
今回のキャンペーン、イーオは出ていないの?
 
と、思われた皆さん。
次回の記事は、「12月4日、イーオの一日」です。

ご期待ください!

まるごと旬野菜 ~使い切りレシピ~

[えむ]  2016年12月01日 08時30分
こんにちは!
 
このたび、ヨコハマR(リデュース)委員会で、
本来食べられるのに捨てられている「食品ロス」を減らすため、
ご家庭にある野菜をまるごと使い切ることをコンセプトに
レシピ集「まるごと旬野菜 ~使い切りレシピ~」を作成しました!
 

 
★レシピ集の特徴
・季節ごとに旬野菜を1つピックアップ
・栄養バランスが良くヘルシーで、子どもに人気のある給食献立をベースにしたレシピ
・購入した野菜を長持ちさせるための正しい保存方法の紹介
・時短テクニック、アレンジポイント、リメイクポイントなどの情報も盛りだくさん!
・手に取りやすいA5サイズ、12ページの小冊子
 
横浜市内各区役所の地域振興課資源化推進担当の窓口で配布しているほか、
横浜市資源循環局のウェブサイトでも公開していますので、
ぜひご活用ください!!
 
横浜市資源循環局の使い切りレシピのページはこちらです!
 
また、クックパッド横浜市公式キッチンでもレシピを順次公開中!
つくれぽ、お待ちしています!!

必見!!横浜F・マリノス×横浜市資源循環局 食品ロス削減PRポスター

[えむ]  2016年11月04日 08時30分
こんにちは!
 
横浜市の家庭から発生している「食品ロス」は、年間約87,000トン
市民1人当たりに換算すると23キロになります。

こうした「食べ物のもったいない」を減らすために、
「ヨコハマ3R夢(スリム)!」広報大使の横浜F・マリノス様にご協力いただいて、
「食品ロス削減」を呼びかけるポスターを作成しました!
 
小・中学校用

横浜F・マリノス 齋藤 学選手(FW)
 
市内公共施設や交通機関など各所用

横浜F・マリノス 榎本 哲也選手(GK)

平成29年3月末まで掲出されていますので、みなさま、ぜひご覧ください!!
 
★主な掲出場所
・横浜市立小・中・高・特別支援学校
・横浜市内公共施設(スポーツセンター、地域ケアプラザ、地区センター)
・市庁舎、区庁舎、収集事務所内
・相模鉄道車内ドア横
 
相模鉄道車内ドア横は、11月16日までです。
※シーサイドライン新杉田駅ホームと地下鉄新横浜駅通路壁面は10月末で終了しました。
 
 

相模鉄道車内
最新  前の10件  1  2  3  4  5 ...  次の10件