ヨコハマRひろばブログ

横浜らしく、かっこよく、「もったいない」を楽しむために
身の周りにある、ちょっとしたリデュースにつながることを
探して、見つけて、実践して、報告していきます。
「ヨコハマRひろばって何?」って方は、こちらへどうぞ!

ブログトップ > 最新5件

「桐島、みんなリユースしてるってよ!」

[ぽかり]  2017年02月08日 09時54分
 こんにちは。ぽかりです。
 
 職業柄、環境省のホームページをよく巡回するのですが、こんなイベントを発見しました!
 
 リユース普及イベント「みんなリユースしてるってよ!
 
 説明を読むと、リユースに関連するブース出展や展示のほか、
イベントステージでは、
・横浜にゆかりのあるタレントの「はな」さんが出演するトークショー
・人力舎所属の期待の若手お笑い芸人によるリユースお笑いライブ
・3Rをテーマに活動するアイドルグループ横浜CLEAR’S東京CLEAR’Sによるライブステージ
 
など目白押しの内容。
 
 ある映画を彷彿とさせるタイトルですが、誰も部活は辞めません。
 
 そして、なんといっても気になるのが、特設ステージで行われる「横浜リユースびんプロジェクト」のキックオフ。
 
 リユースびんとは、洗浄消毒して再充填することで繰り返し使える地球に優しいびんのことです。牛乳屋さんの通いびんを想像してもらうとイメージしやすいかもしれません。
 
 こちらは、ヨコハマR(リデュース)委員会のメンバーである横浜市資源リサイクル事業協同組合と環境省とのコラボレーションで実現したプロジェクトで、「消費者にリユースびんであることを明示的に知らせる工夫を凝らすことで、使い捨てが当たり前になりつつある飲料の使い捨て容器を減らそう!」という試みです。
 
 「リユースびん×地産地消」
 
をコンセプトに、検討段階からご当地ビールやご当地サイダーなどの飲料製造メーカーを交えて、びんリユースシステム横浜モデルを構築したとのこと。
 
 市場に出回るのは、イベントの翌日2月13日(月)からとのことですが、ぜひ2月12日の「みんなリユースしてるってよ!」の会場にお越しいただき、実際に試飲していただければと思います!(詳細↓↓↓)

 
<<<<<<<イベント概要>>>>>>>>
日時:平成29年2月12日(日)11:00~15:35
   ※新『リユースびん』の試飲は、12:35の新『リユースびん』のお披露目発表後に開始されます。
場所:クイーンズスクエア横浜1階イベントスペース「クイーンズサークル」
   (横浜高速鉄道みなとみらい線 みなとみらい駅から直結)
   神奈川県横浜市西区みなとみらい2-3
 
主催:環境省
協力:一般社団法人 日本リユース機構
   横浜市資源リサイクル事業協同組合
   一般社団法人 情報機器リユース・リサイクル協会
   株式会社 アンカーネットワークサービス
   株式会社 メディエイター
 
詳細は、環境省及び横浜市資源リサイクル事業協同組合の報道発表をご覧ください!
http://www.env.go.jp/press/103571.html(環境省報道発表)
http://www.recycledesign.or.jp/blog/?p=1326(横浜市資源リサイクル事業協同組合報道発表)

「レジ袋・割り箸等削減キャンペーン」がスタートしました!

[きむ]  2017年02月03日 16時53分
このキャンペーンは、株式会社スリーエフ様株式会社ローソン様と連携して、コンビニエンスストアから出るレジ袋や割り箸等の削減を呼びかける取組。オフィスビルで働く方を対象に、みなとみらい地区の横浜ブルーアベニュービルで営業している、グーツみなとみらい店とローソンMM横浜ブルーアベニュー店が実施店舗となっています。

内容としては、実施店舗でお弁当・おにぎり・パンのいづれかを購入した際に、レジ袋や割り箸等を辞退すると、

このようなスタンプカードにスタンプが1つ押され、ポイントが貯まるとホットコーヒーやオリジナルタオルがもらえるというもの。
環境に優しい行動をすると、インセンティブが付与されるという環境にも消費者にもメリットのある内容となっています。

当日は、ヨコハマ3R夢(スリム)のマスコット「イーオ」を筆頭に、


カラフルなマイバッグを持った職員が、

キャンペーンへの協力を呼びかけました。

当日は寒い中、また、お昼休憩の時間帯(11:45~12:45)ということもあり、オフィス街の方々は急ぎ足で歩かれていましたが、イーオと職員の熱意が伝わり、快くお話を聞いていただくことができました。

特に、イーオは人気者で、

頻繁に記念撮影をもとめられ、


最後はかなりお疲れのご様子でした(笑)。

キャンペーンは平成29年2月29日まで開催しています。
紹介したポイントカードも実施店舗で配布していますので、ご興味のある方は是非お試しください。

詳細はこちら(リンク先はPDF形式です。)↓↓↓
http://www.city.yokohama.lg.jp/shigen/top/press/pre170125.pdf



ミニキエーロの食事~1回目~

[ぽかり]  2017年02月03日 16時31分
こんにちは。ぽかりです!
 
天気の良い日が続きますね~
「こんな日は、土の中のバクテリアも元気だろう」ということで、ミニキエーロへ生ごみを投入しに行ってきました!


実は前回設置をしてから、初めての「エサやり」になります。
 
職場では食品ロスを出さないように取り組んでいることもあり、なかなか生ごみが出ずにいたところ職員のひとりが自宅から持参してくれました!
 
中身は
・キャベツの芯
・レタスの変色した部分
・トマトのへた
など、食事の支度の時に出た野菜くずです。


ミニキエーロ君の初めての食事としては上々の内容。
 
早速、投入していきましょう!
 
~手順1~
生ごみを入れる穴を掘ります。


~手順2~
穴に生ごみを投入します。



「大きな塊については、細かくしてあげると消化が早くなりますよ!」byきむさん

 
~手順3~
生ごみと土が触れ合う面が多くなるようによく混ぜます。



~手順4~
べちゃべちゃにならない程度に、水を撒きます。


手でギュッと握ると、玉になるくらいが適度な湿り具合とのこと。


~手順5~
生ごみが完全に見えなくなるように土を被せます。

 
外に生ごみが残っていると、虫が湧いたりカラスが食べに来てしまうことがあるので、気を付けましょう!

 
~手順6~
ミニキエーロのどのあたりに埋めたかが分かるように印を立てて、ふたをして終了!


 
説明するとやや手間がかかりそうな印象を受けるかもしれませんが、所々写真を撮らせてもらいながらの作業でも、5分程度でした。
 
これから定期的に確認しに来て、どれくらいで食べきってくれるのかを観察したいと思います!


屋上のニューフェイス

[ぽかり]  2017年01月26日 11時36分

こんにちは!ぽかりです。


先日、うちの職場に新しい仲間が増えました。それがこちら…

黒土とミニキエーロ

黒土。
…ではなく、「ミニキエーロ」セットです!
 
キエーロを紹介するサイトを見てみると、「キエーロとは、土の力(バクテリア)で生ごみを分解する生ごみ処理機です。」、
「また生ごみを入れても土の量は増えませんし、正しく使えば、虫や臭いは発生しにくいといった特徴もあります。」とのこと。

似た説明をどこかで聞いたことが…という方は、リデュース上級者です!そう、横浜市では「土壌混合法」と呼ばれる生ごみ処理方法と同じ原理です。
 
こちらのものは、他都市の取組も参考にしつつ、神奈川県葉山町にお住いの夫妻が発案した「ベランダdeキエーロ」より小さいサイズを試作したものです。
 
今回は、こちらを職場の屋上に設置するということで立ち会わせてもらおうと思ったところ…

設置完了

写真を撮る間もなく、黒土を容器の中に入れて、平らにして終了。
 
正直「え、これだけ?」と今でも半信半疑ですが、これで、年間約40kgの生ごみを処理してくれるとのことなので、これからの「ミニキエーロ」君の活躍に乞うご期待です!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
過去のブログ記事に土壌混合法の詳しい説明や実践日記もございますので、合わせてお読みください。↓↓↓

《どじょこん日記》
土壌混合法初心者が1か月実践し続けた奮闘記。
http://www.r-hiroba.jp/blog/index.php?c=6

《土壌混合法にチャレンジしてみませんか》
土壌混合法を日常的に実践されている方からの注意点やアドバイスを紹介した記事。
http://www.r-hiroba.jp/blog/index.php?c=6&no=286

身の回りの「もったいない」を考える~コーヒー編~

[ぽかり]  2017年01月19日 17時00分
初めまして、こんにちは。
この度、新たにブログ更新に加わることになりました「ぽかり」と申します。
今後少しずつですが、更新をしていきたいと思いますのでよろしくお願いします!

記念すべき第1回目投稿は、コーヒーについて。
 
皆さん日本では、1年間にどれ程のコーヒーが消費されているかご存知ですか?

2015年の国内消費量は、約460,000トン。平均すると国民一人あたり1週間に11杯程度飲んでいる計算になるそうです。
私の勤める職場にも共有のコーヒーメーカーがあり、コーヒーを飲む人が自分で淹れて、好きなときに飲めるようになっています。

 
毎年この時期は寒さが厳しいためか、皆こぞっておかわりするのでコーヒーを淹れる回数もおのずと多くなります。
 
私自身日に4杯はコーヒーを飲むカフェイン人間なので、よくコーヒーの粉の交換と併せて出がらしの処理をするのですが、そこでふと思ったことがあります。
 
「コーヒーの出がらしの再利用方法ってないのかな。」
 
職場でもコーヒーを飲み、家に帰ってからもコーヒーを飲む身として、これは是非知っておきたいと思い、色々と調べてみたところ、全日本コーヒー商工組合連合会様のウェブサイトで「粒より百科VOL.22(2009年)『コーヒーECO知識』編」(外部リンク)という小冊子を発見しました。
 
簡単にまとめるとコーヒーの出がらしの活用方法としては、

①脱臭剤やニオイ消し
②草花の肥料
③油汚れ取り

などがあるそうです。
 
とはいえ、皆さんにお伝えする以上、「あるそうです。」で終わらせず、どれ程の効果があるのかはこの目で確かめないと!
 
ということでこれから随時、コーヒーの出がらしの活用について配信をしていこうと思いますので、コーヒーを楽しみながらあまり期待せずにお待ちください!
最新  前の5件  1  2  3  4  5  6 ...  次の5件