ヨコハマRひろば|横浜リデュース

  • 事業者名 株式会社 イトーヨーカ堂
    (いとーよーかどう)
  • 業種 スーパー・地域生協
  • 所在地 東京都千代田区二番町8番地8
  • 市内店舗数・事業所数 横浜市内 14店舗
  • 代表電話番号 03-6238-2111
  • サイトのアドレス
  • サイトの3R関連ページのアドレス
  • 3Rに関する今後の取組計画と目標
    1 レジ袋の削減に向けた取組み

     ① 若葉台店  (目標) レジ袋辞退率85%
      a レジ袋の有料化
      b オリジナルエコバッグの販売強化
      c ポスター、声掛け、店内放送等の各種媒体活用

     ②若葉台店以外の店舗 (目標) レジ袋辞退率 50%
      b、cの取組みの他に、レジ袋を辞退された
      お客様にお買い上げ合計金額より値引きする
      「マイバッグ持参値引」を実施


    2 環境負荷の少ない容器包装使用への取組み

     (目標) 環境負荷の少ない容器包装の使用拡大
      ・分別廃棄・リサイクルがしやすい剥がせるトレーの
       使用及びプラスチック製から紙製へのトレー容器の
       切り替えを推進する

     (目標) バラ売り・量り売りの拡大
      ・商品の安全性・衛生面から問題がないと思われる
       商品については、出来る限りバラ売り・量り売りを実施する


    3 店舗でのごみの減量化、適正な分別・リサイクルの実施

     (目標) 店頭回収による自主回収リサイクルの推進
      ・リサイクルを前提に回収した品目については、
       適切に処理・リサイクルされているかを適時検証する

     (目標) OA古紙、ダンボール、新聞・雑誌等の資源化を図る
      ・リサイクルが容易で再生資源として有効な「紙」に
       焦点をあて、職場におけるゴミの分別を徹底する
       という取組みを実施し(毎年6月と7月)
       「リサイクル出来る」「出来ない」紙類の写真を掲示して
       分別を徹底させることで、リサイクル率の向上を図る


    4 社員に対する教育の実施

     (目標) 正しい知識とルールの定着を強化
      ・オリジナルの廃棄物処理手順書に沿った適切な処理を徹底する
      ・店舗から実際に排出されるごみに関してパートタイマーや
       アルバイトでも理解しやすい廃棄物の関するビデオによる教育の徹底


    取組みの詳しい内容については、弊社ホームページでご確認下さい。
    http://www.itoyokado.co.jp/company/profile/csr/environment/index.html
 
この情報を編集・登録解除する (※情報登録時に設定したパスワードが必要です。)
パスワード:
パスワードを入力して下さい。