ヨコハマRひろば|横浜リデュース

ユニー株式会社

  • 事業者名 ユニー株式会社
    (ゆにー)
  • 業種 スーパー・地域生協
  • 役職 代表取締役社長
  • 代表者名 佐古 則男
  • 所在地 愛知県稲沢市天池五反田町1番地
  • 市内店舗数・事業所数 7
  • 代表電話番号 0587-24-8111
  • サイトのアドレス
  • サイトの3R関連ページのアドレス
  • 3Rに関する今後の取組計画と目標
    1 食品循環資源のリサイクルループによる再生資源化

     (目標)食品リサイクルループの推進をします。

       ◎横浜市内の店舗(7店舗)で排出した食品残渣を、
        横浜市有機リサイクル協同組合が再生資源として引き取り飼料を製造します。
        この飼料をアリタホックサイエンスでの豚の飼育に使用し生産された豚肉は
        ユニー(株)が購入し「アリタさんちの豚肉」として横浜市内3店舗
        (アピタ長津田店、アピタ日吉店、アピタ戸塚店)で販売しています。
        継続実施とリサイクルの対象品目の拡大を目指します。

     ※食品リサイクル法「再生利用事業計画」認定取得


    2 容器包装廃棄物の削減

     (目標)レジ袋辞退率の向上をはかります。
        (1) 全社(他県含む)ベース      75%(2012年)
        (2) 横浜市内レジ袋無料配布中止店舗  85%以上
        (3) 横浜市内レジ袋無料配布店舗    25%以上

      ■レジ袋無料配布中止店舗:ピアゴ中山店(緑区)
       ・平成19年6月11日より開始、今後も継続をします。

      ■無料配布店舗:市内アピタ、ピアゴ各店舗
       ・ノーレジ袋スタンプカード(随時)、マイバックキャンペーン(年2回)
        の継続実施により、レジ袋削減をレジ袋削減を推進します。


     (目標)容器の店頭回収の取組を推進し、限りある資源を有効に循環させます。

       ◎リサイクルBOXの設置による店頭回収を行っています。
       ◎回収実績のポスターによる表示を行っています。


    3 店舗や事業所での廃棄物

     (目標)廃棄物減量化、適正分別、リサイクルの条件整備を行います。

       ◎横浜市内全店舗で廃棄物の分別計量を実施・検証し
        リサイクルに適した分別の整備を継続していきます。

     (目標)再利用可能な容器等の納品による廃棄物の発生を抑制します。

       ◎リサイクルハンガーやオリコンによる納品により、段ボールなど
        梱包資材等の廃棄物の削減に努めます。


    4 環境・リサイクルを考慮した商品の積極的な販売

     (目標)環境配慮商品の販売拡大をはかります。

       ◎環境配慮商品を当社ホームページで紹介しています。
       ◎POPを使用し店頭での環境配慮商品を紹介しています。
       ◎ストアブランド商品における環境配慮商品の開発及び販売の拡大を行っています。
  • 事業者より
    お客様の日々の生活を応援したい。そんな想いから「3つの宣言」を掲げました。

    1、「私たちは生活解決業である」
    2、「私たちは生活提案業である」
    3、「私たちは生活コスト引き下げ業である」

    私たちはこの宣言をもっと具現化していくために、「より豊かな生活を提案する店舗」である「APITA」と「毎日の生活に便利な店舗」である「PIAGO」という2つの大きなくくりの下で、店づくりや品揃えに活かしてまいります。一方で、少しでも、お値打ちで価値のある商品開発に努め、お客様のご期待にお応えしたいと考えています。
 
この情報を編集・登録解除する (※情報登録時に設定したパスワードが必要です。)
パスワード:
パスワードを入力して下さい。