ヨコハマRひろば|横浜リデュース

リデュースを進めていくために大切にしたいこと

 リデュースを進めていく取組は、少しずつ広がってきています。
 そして、これから、ずっと続いていくことでもあります。
 取り組む内容は変化していくかもしれませんが、だからこそ、これらのことを、これからもずっと大切にしていきましょう。

なぜ「リデュース」が大切なのか知ること

 ごみの減量に向けた取組の中でも一番環境にやさしいのは、できるだけごみとなるもの自体を減らす取組である“リデュース”。その大切さを知ることによって、積極的に取り組むことができます。

それぞれの立場で行動し、協力しあうこと

 最近のペットボトルは軽くて、つぶしやすくなっています。これは事業者が、環境に配慮した製品をつくるため、様々な工夫をしているからです。
 事業者の優れた取組を行政がPRし、消費者である市民がその取組を応援していくなど、市民・事業者・行政の3者が連携して取組を進めていくことが重要です。

かっこよく、楽しみながら取り組むこと

 お気に入りの物をメンテナンスしながら大切に使い続けること。こだわりのデザインのマイバッグやマイ箸などを愛用すること。我慢するのではなく、他の快適な方法を見つけることもリデュース行動につながります。
 そんな、横浜の新しいライフスタイルをつくっていきましょう。

身近なことから少しずつ広げていくこと

 マイバッグやマイボトルを使う、余分な包装を断るなど…。リデュースの取組は、新しいことでも特別なことでもなく、すでにみなさんが取り組んでいるエコ行動の中にも含まれているものなのです。
 身近な取組をムリなく続け、少しずつ広げていきましょう。

お互いに伝えあうこと

 いろいろな取組のヒントやアイディアを伝えあうことで、仲間を増やしていきましょう。リデュースの取組は、毎日の暮らしに直結するものです。
 ライフスタイルやビジネススタイルそのものを見直し、いろいろなリデュースを進めていきましょう。

新たな取組を始めること

 もっとみんなが気軽に取り組めるような新たなリデュースの取組。その実現によってより多くの方にリデュース行動の輪が広がります。
 みんなで協力しあってアイディアを実現し、地域から生まれた小さな取組を積み重ねていき、横浜から発信していきましょう。