ヨコハマRひろば|横浜リデュース

マイボトル・マイカップ

お出かけ の時、お茶などを入れたマイボトル(水筒)を持って行ったり、職場などでマイカップを使うことで、ペットボトルなどのごみを減らしていきませんか?

 ペットボトルや缶、びんなどの飲料容器は、リサイクルなどの対策も進んでいますが、その使用量は年々増加しており、例えばペットボトルは1年に約 50万トン以上も生産されています。これは、日本の人口で割ると、1人あたり年間約4キロものペットボトルを使っていることになります。ペットボトルの主 な原材料は石油であり、また、店舗や自動販売機への輸送にもエネルギーがかかるため、温室効果ガスの削減や天然資源の有効利用という面でも、使用量そのも のの減量を考えるべき時期に来ています。

 マイボトルを利用することで、不要な容器を使わずに済むだけではなく、保温機能の高いマイボトルを使用すれば、結露でかばんの中を濡らすこともな く、冷たいものは冷たいまま、温かいものは温かいまま、おいしく飲むことができます。このように、エコなだけではなく、快適に喉を潤すことができるという ことからも、利用者は飛躍的な広がりを見せ、最近は様々な種類のボトルが販売されています。

 まずは、保管や飲料の補充がしやすい職場や学校などにおいて、マイボトルやマイカップの活用をはじめてみませんか?