ヨコハマRひろば|横浜リデュース

リユース商品

まだまだ使えるものを、一度使っただけで砕いてリサイクルしてしまうのは、ちょっともったいないですね。き ちんと分別してリサイクルすることも大 切ですが、もっとエコなことがあります。それは、きちんと洗浄や整備などを行い、繰り返し使っていくこと、すなわち「リユース」です。

「びんのリユース」
 たとえば「びん」。いつも手にしているびんの中には、くり返し使える「リターナブルびん」があります。
中身を使った後にお店等に返し、お店からメーカーに返された状態のよいあきびんは、きれいに洗浄されてまた中身を詰め、再び商品として販売されます。
 一升瓶は規格が統一されているので、日本酒だけでなく、お酢やおしょう油のびんとしても共通で使用できるようになっています。
 いつも利用しているお店でびんの回収を行っていたら、使い終わったびんは、ぜひお店に返してください。
 なお、キズがついたり割れてしまったあきびんは、砕かれて原料となり、ガラス工場で再び新しいびんに生まれ変わっています。
 「リターナブルびん」を見分けるためのマークとしては、「Rマーク」や「丸正マーク」があります。


*Rマーク
 日本ガラスびん協会から許可を得て製造された、規格統一リターナブルびんについています。

Rマーク
Rマーク
*丸正(まるしょう)マーク
伝統的なリユースびんであるビールびんや一升びんなどについている、計量法によって正しい容量が確保された規格統一びんであることを保証するマークです。

丸正マーク
丸正マーク


「再生トナーカートリッジ」
 お買いものをするときに、何に気を付けて商品を選んでいますか?お値段はもちろんのこと、色や使い勝手など、いろいろと迷いますね。さらにもう一つ、 「エコな商品」かどうかという基準も加えてみませんか?
 環境への負荷が少ない製品やサービスを優先的に購入することを「グリーン購入」といいますが、企業、行政機関、民間団体によって設立され た「グリーン購入ネットワーク(GPN)」では、環境配慮型商品データベース「エコ商品ねっと」を公開し、様々な商品の環境 性能について情報提供しています。
 例えば、パソコンで作った書類などを印刷するプリンター。消耗品であるカートリッジを取り換える機会も多いですね。このカートリッジの中にも「リ ユース」している物があります。
 レーザープリンター用のトナーカートリッジには、使用済のカートリッジを回収してリサイクルするだけでなく、使える部品を再利用して中身を詰め直した、 整備済商品もあります。
 きちんとリサイクルすることももちろん大切ですが、まだ使えるものはその前にしっかり「リユース」することは、もっと環境にやさしいです ね。
 「エコ商品ねっと」では、このような「部品再使用を行っている」商品「回収・リサイクルを行っている」商品を 抽出することができます。

エコネット

 
 その他、様々な商品の環境性能も比較して選ぶことができますので、ぜひご覧になってください。
 なお、再生トナーカートリッジの業界団体が、環境管理と品質管理について一定の基準を満たした企業の製品にマークをつけています。再生製品を選択する際 に参考としてください。

 まずはしっかり「リユース」して、充分活用したら「リサイクル」
 限りある資源を大切に使っていきたいですね。

関連リンク