ヨコハマRひろば|横浜リデュース

食品トレー(発泡スチロール製トレー)の削減

食品ト レー(発泡トレー)の削減とは、スーパーなどのお店において、主に生鮮食料品を販売する際に利用されている発泡スチロールなどの樹脂でできた食品包装容 器を出来るだけ削減していこうという運動です。

 食品の鮮度保持や、軽さ、衛生性、商品の保護などの面から、現在では食品の流通に欠かせないものになっている食品 トレー。

 皆さんは、必要以上に見栄えを気にしたり、ただなんとなく利用していたり…そんなことはありませんか?
 逆に、ごみ袋の中で、かさばる食品トレーを邪魔だと思ったりしたことはありませんか?

 いくつかのお店では、ごみ削減や、環境のことを考え、食品トレーを使わずに、精肉をポリ袋詰めにしたり、野菜などはバラ売りしたりすることで、食 品トレーを使わない商品販売の取組を始めていま す。

 全ての食品トレーを無くすことは難しいことかもしれません。でも「必要無い」と感じたら、トレーを使っていない商品を選んだり、お店に「いりませ ん」と伝えたりして欲しいのです。お店は、消費者のニーズに合わせて行動しますが、消費者が意思を示すことで、お店の皆さんも「食品トレーがなくても、商 品が売れるんだ」ということが分かり、安心して、さら に食品トレーの削減の取組を進めていけるのです。