ヨコハマRひろば|横浜リデュース

瀬谷区まちづくり区民の会の「地球に優しいゴミ問題プロジェクト」の取組

「瀬谷区 を自分たちの手でよくしたい」という区民が自主的・主体的に組織・運営する「瀬谷区 まちづくり区民の会」の中で、一つのプロジェクトチームが立ち上がりま した。

 その名も「地球に優しいゴミ問題プロジェクト」。「未来のために、ごみを減らして素敵な環境を次世代に残したい」という思いから身近なごみの問題 を取り上げることになりました。

 その中で、プロジェクトチームの皆さんが着目したのが、「食品トレー」でした。本当に全ての食品トレーが必要なのか。見栄えや、取扱易さから使 われているだけなのではないか。あるいは、何も考えずに、そこに食品トレーの商品があるから手に取っているだけではないか。

 消費者である自分たちが「断る」「選 ばない」ことで、不必要な食品トレーを削減できるのではないか…と考えたプロジェクトチームは、瀬谷区内にあるスーパーマーケットに声をか けたところ、「相鉄ローゼン株式会社」 と「富士シティオ株式会社」の2社が手を挙げてくれました。

 時間をかけて、話し合いを続けた結果、瀬谷区の皆さんに食品トレーの削減について考えてもらうために、瀬谷区内にある 「そ うてつローゼン三ツ境店」と「フ ジスーパー橋戸店」に協力してもらい、特売イベントとして食品トレーを使わない生鮮食料品の 販売を行うことが決まりました。イベント名は「生 鮮エコ朝市」。スーパーの垣根を超えて同 じ名称のイベントを開くことになったのです。

 このヨコハマRひろばも、当日の啓発チラシやのぼり旗の作成など協力を行い、平成23年の1月と2月に「生鮮エコ朝市」が開催されました!当日の 様子は、こち らか らご覧になれます。

 そして、平成23年11月には、新しく「コー プ瀬谷橋戸店」を仲間に加え、3店舗で拡大開催され、今後も拡大しながら継続していくことになりまし た。

 今後のイベント情報や当日の様子などについては、「ヨコハマR ひろばブログ」で、お知らせしていきます。